KEN3NET+カラフルトウキョウ+キョウト ホーム » スポンサー広告 » 韓国映画 »王の男【感想】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

王の男【感想】  

画像をクリックすると大きく見えます。
061217mo4695.jpg映画データ:『王の男公式サイト (ネタバレあり)
06.12/17 新宿ガーデンシネマ/韓国/時代劇

採点:☆☆
感想:韓国で沢山の人が楽しいとのふれこみで見ました!正直イシュンギが好きな人には楽しいだろうな(笑)ってのは置いておいて映画としては中々でしたが、やっぱり僕は韓国のラブストーリーが好きだなって感じです。しかしこの映画、昔の時代の男が男を買う的なことがあったタブーに触れてるところが凄いですね。映像は凄く綺麗なのでところどころ笑えるところもありなるほど韓国でヒットしただけあるなって感じですが、僕的にはどうしても男が男をってところがうーんって感じだったのとやっぱり可愛い女性の物語じゃないとなって感じです(笑)


関連記事
スポンサーサイト

category: 韓国映画

tag: 韓国 
tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ken3net.blog2.fc2.com/tb.php/706-470c509c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

王の男

王の男王の男(おうのおとこ)は2005年の大韓民国の映画作品である。あらすじ原作は現代のキム・テワン原作の舞台劇「爾」(イ,「汝」の意)。16世紀の李氏朝鮮の

yuuhaのブログ | 2007/01/25 05:13

プロフィール

ケン関連サイト

ユーザータグ

全記事(数)表示

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。