KEN3NET+カラフルトウキョウ+キョウト ホーム » スポンサー広告 » K-POPで行こう »Jisun The Mermaid Comes Back Home

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Jisun The Mermaid Comes Back Home  

元ラブホリックのチソンが知らない間にバンドを脱退して
事務所も変わって心機一転って感じでだしたアルバムの感想を自分なりに述べます。。


一通りアルバムを聞いた感想を。。
コアじゃないのでてめーに感想なんて述べられたくねーよってなるかもですが。。


まずは予備知識なしで僕の耳に引っかかったのは

●안녕 마음아/3曲目
未だに韓国系で色々活動してるのにも関わらず韓国語がわかりませんが(笑)
アンニョンアンニョンと言ってるのが、私頑張ってます的なサウンド?
単純に良い曲です!。リード曲なのかな?


●롤러코스터 러브(Rollercoaster Love)4曲目
アルバムの中で一番はじけたポップな曲

●Phony War/9曲目
なんとも裏で鳴ってるシンセやSEやギターがタイとかアジアとインターナショナルな
感覚がミックスされてる国でよく見受けられる感じのギターポップな感じ

視聴はこちらより
http://www.imeem.com/people/oOSLzc-/playlist/SANl1UQW/jisun_mermaid_come_back_home_music_playlist/



彼女がなぜバンドを脱退したのかはわからないし、そういうのには興味はないですが

相変わらず暗い感じは同じだし、ラブホリ自体はだいぶ前から知ってたけど
そんなコアじゃなかったから違いはそれほどわからない感じでした。

雰囲気的にm-floのリサ的立ち位置かも?
脱退しても根本的なやってるジャンルは一緒だし
バンドのメンバーとは仲悪いわけじゃないし、前事務所ともケンカはしてないし

ただ長年やってたバンドを今はとりあえず抜けたかったんだろうなって感じで、
だけどこのアルバムもそうだし。これからも音楽的にキャリア最高の曲が
産み出せるかと言うとそれもまたわからないかもと言う、

本当にm-floのリサやピチカートの野宮真貴的匂いが感じられました

なんとなく野宮真貴の2年くらい前にエイベックスから
タイの先鋭的なロックバンドfutonとかとコラボしたアルバム的匂いもする、


批判的なコメントですが、とりあえずはお帰りなさいと言うファンもまずまず満足なアルバムに仕上がってるのかな?って感じでした。。

とにかくこの不況、韓国も色々なプロジェクトが消えてはなくなり、
ネット配信のみで解散するグループなども出て来てる中
アルバムまでこぎ着けてファンは嬉しい限りですね


以上、ケンの感想でした。

管理人およびその周りの関係者さまよりも先にコメント申し訳ありません。。

↑[mixi] チソン(JISUN)コミュに投稿した記事より
関連記事
スポンサーサイト

category: K-POPで行こう

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ken3net.blog2.fc2.com/tb.php/1951-f469e867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ケン関連サイト

ユーザータグ

全記事(数)表示

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。