KEN3NET+カラフルトウキョウ+キョウト ホーム » スポンサー広告 » 映像/KEN3TV »僕に映像を撮らせた映画

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

僕に映像を撮らせた映画  

僕は今KEN3TVと言う自分の日常を追いかけて映像を
ほぼ毎日編集してほぼ毎日のように映像を配信している

今回は、僕に映像を撮らせた映画!まさに映像を撮り始めたきっかけを与えた映画を紹介します。

映画の名前は「CQ」
監督はロマン・コッポラ!
お父さんは言わずとしれたフランシス・フォード・コッポラであり
甥にはニコラスケイジが兄弟に「ロスト・イン・トランスレーション」ソフィア・コッポラもいる映画一家です。

彼の作ったこの「CQ」と言う映画に当時の2002年に映画仲間と
映画館で見て東京に出てきたばかりの僕は凄まじく感化されました。

そしてビクターのビデオカメラを買って色々と撮影したもんです。
友達に小説を書いてる人がいて、俳優とかもいたりして俺監督だとか行っていつか
撮ろうと思いつつもその友達たちとは疎遠になりつつあるんですが(笑)

また当時この映画に出てくる映画監督を目指す若者が彼女と一緒に住んでるんですが
毎日自分の姿をトイレで撮影したりしてるのに感化されて僕は映像作品を当時いっぱい作っていました。残念ながらその映像は現在どこにあるか探してる最中です。
当時はメインマシンはWINだったから、どこに行ったのやら(笑)

もちろんDVDは持ってますし、未だに僕の家にはってあるポスターはこの映画です。
そういやこの映画のDVDの日本語吹き替えの翻訳をしたのは当時の知り合いだった記憶があります。

舞台は69年のパリ。。このあたりが最近の俺のピチカートの小西好きに繋がってきたりしますね(笑)

突然こんなことを書きたくなったのは今日テレビでやってた「虹の女神 Rainbow Song」を見て、これも主人公が映画製作をしてるって設定で良い映画でした。
そんな感じで見てたら映画と自分の自主撮影の話を書きたくなった。。

いつかKEN3TV内で映画とかも撮れたら面白いな。。
そうそう、そんな僕も一度友達の学生映画に出たことがあります。
僕は本当に1秒くらいしか写ってないんですが、あれが僕の俳優デビューか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

category: 映像/KEN3TV

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ken3net.blog2.fc2.com/tb.php/1226-a09be187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ケン関連サイト

ユーザータグ

全記事(数)表示

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。